雪彦山
 せっぴこざん
 所在/兵庫県姫路市(旧・飾磨郡)夢前町山之内戊 


一般に知られる賀野神社から見える高峰
雪彦山は、ひとつの峯を指す山名ではなく、三つの山の総称とされる。
しかし、この三山には定説がない。

旧の夢前町(現在は姫路市に合併)は、雪彦山の定義として、
「洞ケ岳」(884m)、「鉾立山」(950m)
「三辻山」(915m)
の総称であると定義し、「洞ケ岳」山頂にもそのように表記していた。
ただし、記載の884m、950mという高峯は存在しない。
これに対し、国土地理院の2万5千分の1地図等では、
三辻山を「雪彦山」としている。
オオカミ また、登山案内の多くでは、「大天井岳」・「不行岳」・「三峰岳」・「地蔵岳」等の岩峰から構成される「洞ケ岳」の最高峰である「大天井岳」(標高884m)を雪彦山としているが、これも、884mの峰は存在しない。
さらに、古くは周辺の明神山、七種山と三山を総称して雪彦山と呼んでいた、という。
この三山は、特定されていない。
●ピラミッドの三山
この三山をピラミッドの三山として定義すると、
三山の東経は同一でなければならない。
こうして割り出すと、
三辻山915m、
鉾立山942m、

そして、賀野神社背後の
664mの峰が洞ケ岳と推定される。
664mと884Mが誤記されたものではないか?

この三山は三角形のホキ配置であり、それぞれの
東経差は33秒と35秒、ほぼ同一と云える。
白山山所権現
イザナギ・オオナムチ・菊理姫が祀られていた。
賀野神社
 所在/兵庫県姫路市(旧・飾磨郡)夢前町山之内戊
祭神
・伊邪那岐(イザナギ)命
・伊邪那美(イザナミ)命、
・保食神(うけもちのかみ)

※ここには、応神天皇伝承と法道仙人伝承がある

賀野神社の詳細

付近案内図   ⇒広域地図


PAGE-TOPへ
神代の残像・播磨
inserted by FC2 system